Ekoin Temple
Ekoin Temple
3.5
Hva folk sier
tomizuta1953
Av tomizuta1953
Modern temple buildings but with lots of history including Edo and Sumo.
4,0 av 5 boblerjun. 2019
Vi besøkte dette buddhistiske tempelet i Joudo-sekten, som ligger bare et par minutters gange sør fra JR Ryougoku Station. Brann var hyppig i Edo på grunn av de trange bygningene. Det var en stor brann i 1657, hvor seksti prosent av Edo gikk i flammer og over hundre tusen mistet livet, de fleste av dem var uidentifiserte. Shougun Ietsuna holdt en stor buddhistisk tjeneste for å begrave og be for den avdøde. Ekouin ble grunnlagt på dette nettstedet. Siden da har tempelet fortsatt begravet ofre for naturkatastrofer, de uten slektninger og henrettede kriminelle uten diskriminering. Templet begraver og beder også for katter, hunder, militære hester og andre dyr. Ekouin pleide også å være vert for sumoturneringer på dette nettstedet. Den første kampen fant sted i 1768, og fra 1833 ble det arrangert en halvårlig vanlig turnering til 1909 da den første Ryougoku Kokugikan ble bygget på templets lokaler. Et monument står ved hovedinngangen til Ekouin. I templet er det mange monumenter og graver å observere. Først er det Chikarazuka. Dette er et monument opprettet av Japan Sumo Association (JSA) i 1936 til minne om toshiyoris eller mer vanlig oyakatas av JSA. Toshiyori er en stilling i foreningen som tar seg av en sumo stabil. For tiden er det mer enn førti slike stall. Midt i de ulike monumentene knyttet til naturkatastrofer og katastrofer, er det et relativt nytt monument bygget i 2002 med en statue av den velvillige Kanzeon-bosatsu å be for alle skapninger. Statuen er introdusert i åpningssiden på Ekouins nettsted, med tittelen "templet som gjennom historien alltid var ved siden av felles folkemusikk. "Jeg var interessert i å lære at Ekouin huser noen graver av fremtredende folk fra Edo-tiden, inkludert Gidayuu Takemoto (1651-1714), grunnleggeren av Gidayuu-stilen med chanted fortelling av dukketeateret" jouruli ", en av de tre japanske klassikerne teatre ved siden av Noh og Kabuki. En annen grav som tiltrekker seg mange besøkende er den av Nezumi Kozou Jiroukichi (1797 - 1832). Han var en tyv og spesialisert seg på å bryte inn i boliger av høytstående feudale herrer. Han fikk navnet Nezumi Kozou (liten musemann) for sine mange innbrudd og rømming. Etter utførelsen fikk han et bilde som ligner på Robin Hood, rane de rike og gi til de fattige, og ble en populær karakter i japanske romaner og Kabuki. Fordi han var en berømt escapist, kom mange til graven for å be for lykke til. Et godt sted å besøke med litt bakgrunnskunnskap.

Foreslå endringer for å forbedre det vi viser.
Forbedre denne oppføringen
Turer og opplevelser
Finn forskjellige måter å oppleve dette stedet på.
Inntekter påvirker opplevelsene som er omtalt på denne siden. Finn ut mer.

Vi sjekker anmeldelser.
Tripadvisors tilnærming til anmeldelser
Hver Tripadvisor-anmeldelse går gjennom et automatisert sporingssystem før den legges ut. Dette systemet samler inn informasjon som svarer på følgende spørsmål: Hvordan, hva, hvor og når. Hvis systemet oppdager noe som muligens strider imot retningslinjene våre for fellesskapet, blir anmeldelsen ikke publisert.
Når systemet oppdager et problem, kan en anmeldelse automatisk avvises, sendes til anmelderen for bekreftelse eller gjennomgås manuelt av teamet vårt av innholdsspesialister. Disse spesialistene jobber døgnet rundt for å opprettholde kvaliteten av anmeldelsene på nettstedet vårt.
Teamet vårt sjekker hver anmeldelse som er lagt ut på nettstedet og bestrides av fellesskapet vårt for ikke å møte retningslinjene våre for fellesskapet.
Finn ut mer om moderering av anmeldelser.
3.5
3,5 av 5 bobler142 anmeldelser
Ypperlig
19
Svært bra
62
Gjennomsnittlig
56
Dårlig
4
Forferdelig
1

Disse anmeldelsene har blitt oversatt automatisk fra originalspråket.
Denne tjenesten kan inneholde oversettelser levert av Google. Google fraskriver seg alle garantier, uttrykte eller underforståtte, knyttet til oversettelser, inkludert alle garantier for nøyaktighet, pålitelighet og eventuelle implisitte garantier for salgbarhet, egnethet for et bestemt formål og beskyttelse mot forfalskninger.

みるく733851
Hirakata, Japan5 281 bidrag
4,0 av 5 bobler
okt. 2023 • Alene
This temple is located right next to Ryogoku Station. The temple began as a "Manzan" (a memorial to over 100,000 people) built to commemorate the 100,000 people who died in the great Meireki fire in the early Edo period. Since then, memorial monuments have been built for not only people, but also various animals such as dogs, cats, and horses. There is also the grave of the famous thief Nezumi Kozo. Kanjin sumo (a sumo tournament) was held in the temple grounds about 240 years ago, which is said to be the beginning of modern sumo, and there is also a chikarazuka (a mound of strength). This is why the Kokugikan (a sumo hall) was built in Ryogoku.
Skrevet 8. oktober 2023
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

junjun
Tokyo, Japan26 229 bidrag
4,0 av 5 bobler
apr. 2023
墨田区両国にある「両国回向院」についての情報を発信していきます。「両国回向院」を訪れたのは2023年4月20日です。「両国回向院」へのアクセスは、JR総武本線「両国駅」の西口を出て、左方向に進むと140m先に「国道14号」(京葉道路)があります。横断歩道を渡るとすぐ目の前に「両国回向院」の朱色の「山門」があります。その「山門」の両脇には、「回向院」を守るように二体の仁王像が安置されています。
「回向院」は、今からおよそ360年前の明暦3年(1657年)に開かれた浄土宗の寺院で、「諸総山無縁寺回向院」と呼ばれています。そして、「回向院」の理念は、「有縁・無縁に関わらず、人・動物に関わらず、生あるすべてのものへの仏の慈悲を説くもの」で、江戸時代から変わることなく引き継がれています。なぜ、それは何故かと言うと、「回向院」が開かれた明暦3年(1657年)に、江戸では、「振袖火事」の名で知られる明暦の大火があり、市街の6割以上が焼土と化し、10万人以上の尊い人命が奪われました。この災害により亡くなられた人々の多くは、身元や身寄りのわからない人々でした。そのようなことから無縁寺とも呼ばれている訳です。江戸は火事が多い街で、人口の増加による家屋の密集、冬場に吹く「からっ風」がその要因に挙げられます。その中でも明暦の大火は「振袖火事」でその名が知られています。そして、当時の将軍「徳川家綱」は、このような無縁の人々の亡骸を手厚く葬るようにと隅田川の東岸にある現在地に土地を与え、「万人塚」という墳墓を設け、遵誉上人に命じて無縁仏の冥福に祈りをささげる大法要を執り行いました。このとき、お念仏を行じる御堂が建てられたのが「回向院」の歴史の始まりです。
では、「回向院」の「山門」を潜ります。「回向院」の「正門」は、再建され、「正門」は現在の京葉道路沿い国技館通りに正対する位置に移されました。かつての「回向院正門」は、江戸城側から両国橋を越えると真正面にあり、橋上からその姿をはっきりと見ることができたそうです。「正門」の「扁額」と「寺号碑」に注目してください。扁額には古字を用い「囘向院」、そして、「正門」前の「寺号碑」には俗字を用いて「囬向院」と表記されています。
次が、「力塚の碑」が参道を進むと右手にあります。「力塚の碑」は、昭和11年(1936年)に大日本相撲協会が歴代相撲年寄の慰霊のために建立したもので、その後も新弟子たちが力を授かるよう祈願する碑となっています。
更に進むと「塩地蔵」があります。「塩地蔵」は、右手に錫杖、左手に宝珠を持たれており、参詣者は願い事が成就すると塩を供えたことから「塩地蔵」と呼ばれ親しまれてきました。
次に、「鳥居清長顕彰碑」です平成25年(2013年)に「鳥居清長顕彰碑」が建立されました。石碑正面には、「鳥居清長」の「大川端夕涼み」に登場する女性が描かれたブロンズプレートが取り付けられています。「鳥居清長」は、江戸の六大浮世絵師の一人でもあります。江戸の六大浮世絵師とは、「鈴木春信」、「鳥居清長」、「喜多川歌麿」、「東洲斎写楽」、「葛飾北斎」、「歌川広重」ら六人です。
更に進むと「鼠小僧次郎吉の墓」です。「ねずみ小僧」は、黒装束にほっかむり姿で闇夜に参上し、大名屋敷から千両箱を盗んで町民に配ったと伝えられている時代劇でよく見た義賊です。長年捕縛されなかった運にあやかって墓石を削りお守りとする風習が江戸時代からありました。現在では、特に、合格祈願に来る受験生に人気で、墓石の前に削り取り用の石の「お前立ち」が置かれています。その他の見どころである、「水子塚」、「千体地蔵尊」、「馬頭観世音菩薩像」、「オットセイ供養塔」、「猫塚」など多数ありますので、下記に取りまとめてありますから、ご覧いただければ幸いです。

01_【一口メモ】
⑴ 所在地…〒130-0026 東京都墨田区両国2丁目8−10 電話:03-3634-7776
⑵ 回向院の概要
①山号…諸宗山 ②院号…回向院 ③寺号…無縁寺 ④宗派…浄土宗

02_【アクセス】
1 電車を利用して
⑴ JR総武本線「両国駅」西口から徒歩4分290m
⑵ 都営地下鉄大江戸線「両国駅」A5番出口から徒歩10分700m

03_【「両国回向院」の見どころ】
⑴ 「本尊阿弥陀如来」
「回向院」の御ご本尊は、宝永2年(1705年)に安置された銅の「阿弥陀如来座像」です。かつては、野外に置かれ、濡仏さまと呼ばれていました。「阿弥陀如来座像」は、「釜屋六右衛門」の作によるもので、現在は、東京都の有形文化財にも指定されています。「阿弥陀如来座像」は、身の丈六尺五寸五部、蓮座三尺四寸五分もある大きな銅作りの坐像で、数多くの無縁仏を見守ってきたその眼差しは慈愛に満ち溢れています。
⑵ 「水子塚」
「回向院」の「水子塚」は、寛政5年(1793年)に老中「松平定信」の命によって造立されたもので、「水子供養の発祥」とされています。ちなみに、「水子塚」とは、陽の目をみずに葬られた水子の霊を供養するためものです。「水子塚」の板石には、地蔵菩薩坐像と他では見られないような「水子塚」という大きな文字が刻まれていました。
⑶ 「塩地蔵」
劣化が激しく「塩地蔵」の建立年は不詳ですが、「塩地蔵」は、右手に錫杖、左手に宝珠を持たれており、参詣者は願い事が成就すると塩を供えたことから「塩地蔵」と呼ばれ親しまれてきました。「東都歳時記」所載の江戸東方48ヶ所地蔵尊参りには、その42番目として数えられています。現在、私の知る限りでは、「西新井大師」、「浄土宗常光山源覚寺(こんにゃく閻魔)」など都内10社寺で確認していますが、かつては48ヶ所にあったのですね。
⑷ 「千体地蔵尊」
「千体地蔵尊」は、ご本尊の背面にあり、ご先祖の供養や家運や社運の隆昌・繁栄を祈願する人々によって奉安されたものです。関東大震災により焼失してしまった尊像で「増上寺」の「黒本尊」と同木といわれ、「恵心僧都」の作と伝えられた「備中千体阿弥陀如来像」をその由縁としております。後光のようにご本尊を守護するさまは必見です。
⑸ 「力塚の碑と回向院相撲」
「力塚の碑」は、昭和11年(1936年)に大日本相撲協会が歴代相撲年寄の慰霊のために建立したもので、その後も新弟子たちが力を授かるよう祈願する碑となっています。ちなみに、日本の国技である相撲は、江戸時代は主として公共社会事業の資金集め(寺社建立の資金となる浄財を集めるなど)のための「勧進相撲」興行の形態をとっていました。貞享元年(1684年)、江戸での「勧進相撲」が許可されると相撲はさらに盛んになりました。その後、「勧進相撲」が「回向院」境内で初めて行われたのは明和5年(1768年)で、天保4年(1833年)以降は春秋2回の興行の定場所として江戸での「勧進相撲」を独占しました。そして、明治42年(1909年)の旧両国国技館が完成するまでの76年の間、「回向院相撲の時代」が続きました。「回向院」が定場所となり、回向院で行うことが定例となり、この「回向院」の定場所が今に続く、両国国技館の前身ということですね。そして、「力塚」の敷地内には、「角力記」、「東京相撲記者碑」という相撲の発展に寄与した相撲記者の慰霊碑も建てられています。
⑹ 「馬頭観世音菩薩像」
「馬頭観音堂」は第4代将軍「徳川家綱」の愛馬の供養として創祀されました。また、「回向院」は動物供養でも知られ、犬、猫、オットセイ、小鳥などの塚や碑もあります。供養のために建てられた「馬頭観音堂」は、回向院二世信誉貞存上人が建立し、自らが鑿をとって彫刻した「馬頭観世音菩薩像」を安置しました。「馬頭観世音菩薩像」は、享保年間頃から「江戸三十三観音」でした。「回向院」の「馬頭観世音菩薩」に祈願をこめると、当時最も恐れられた瘧疾(熱病)や疱瘡(天然痘)にかからぬといわれ、時代が下るにつれて諸病平癒の霊験顕かな観音様として、人々の厚い信仰を集めたそうです。現在も昭和新撰「江戸三十三所観音参り」での第四番札所となっています。
⑺ 「一言観音像」
「一言観音」は、奈良の「唐招提寺」の像と同じ木で彫られたもので「恵心僧都源信」作と伝えられています。
元禄16年(1703年)10月に回向院四世「観誉上人」の夢枕にこの観音様が現れ、他所へ遷すように告げられたため、「観誉上人」はこの聖観音像を墓所へ遷したところ、ちょうどその年11月に大地震及び火災により、寺院は倒壊・類焼してしまいました。この移転により聖観音像が倒壊を免れたことが知れ渡り信仰を集めるようになるとともに、その御前で一言願をかけると願い事が叶うと慕われ、いつしか一言観音と呼ばれるようになりました。
⑻ 「鼠小僧次郎吉の墓」
「ねずみ小僧」は、黒装束にほっかむり姿で闇夜に参上し、大名屋敷から千両箱を盗んで町民に配ったと伝えられている時代劇でよく見た義賊です。計90回の盗みの後、ようやく御用になり処刑されてしまいましたが、長年捕縛されなかった運にあやかって墓石を削りお守りとする風習が江戸時代からありました。現在では、特に、合格祈願に来る受験生に人気で、墓石の前に削り取り用の石の「お前立ち」が置かれています。
⑼ 「関東大震災供養塔」
東京が一朝にして焼土と化した大正12年(1923年)の関東大震災において、当時の住職であった第21世「浄厳師」は、役僧を引き連れ焼野原を歩き、亡骸を見つけては巡回回向し、また被服廠跡や隅田堤で日夜読経念仏したと伝えられます。大正14年(1925年)に東京市は遺族に対して遺骨の引き取り方を公告しました。各区にわたる死者は分骨して「回向院」にも納骨されました。
⑽ 「正門」
「回向院」は一般的な表記ですが、「正門」の扁額には古字を用い「囘向院」、そして、「正門」前の「寺号碑」には俗字を用いて「囬向院」と表記されています。令和元年(2019年)に、「正門」に「仁王像」が安置されました。「回向院」の「正門」は、かつては、現在の「両国2-8-10」あたりの位置にありました。残念ながら「回向院」の伽藍は東京大空襲で焼失しましたが、戦後、再建され、「正門」は現在の京葉道路沿い国技館通りに正対する位置に移されました。かつての「回向院正門」は、江戸城側から両国橋を越えると真正面にあり、橋上からその姿をはっきりと見ることができたそうです。
⑾ 「鳥居清長顕彰碑」
「鳥居清長」は、鳥居派四代目として八頭身の美人画を確立したことで知られる浮世絵師です。江戸の六大浮世絵師の一人でもあります。江戸の六大浮世絵師とは、「鈴木春信」、「鳥居清長」、「喜多川歌麿」、「東洲斎写楽」、「葛飾北斎」、「歌川広重」ら六人です。「鳥居清長」の墓碑は以前から「回向院」にあったとされていましたが、「関東大震災」や「東京大空襲」により所在不明となっていましたが、近年の調査で過去帳に名が記されていることが発見され、平成25年(2013年)に「鳥居清長顕彰碑」が建立されました。石碑正面には、「鳥居清長」の「大川端夕涼み」に登場する女性が描かれたブロンズプレートが取り付けられています。
⑿ 「オットセイ供養塔」
「オットセイ供養塔」は、大正15年(1938年)に建てられたオットセイのための供養塔です。漢字で書くと非常に難しく、「膃肭臍」と書いてオットセイと読みます。大正時代に「回向院」のなかにあった見世物小屋にいたオットセイを供養するために建てられたものです。これだけでも「回向院」の栄華が分かりますね。
⒀ 「猫塚」
「歌川国芳」は、大の猫好きで知られる江戸後期の浮世絵師です。常に数匹、多い時には十数匹の猫を飼い、猫の戒名の書かれた位牌で飾られた猫用の仏壇を自宅に設けていたそうです。「歌川国芳」が生きていた時代にはすでに「回向院」の猫塚は存在し、「歌川国芳」は何匹もの愛猫の供養をお願いしていたそうです。「猫塚」が回向院に築かれることになったきっかけは、次の様な逸話からです。猫を大変かわいがっていた魚屋が、病気で商売ができなくなり、生活が困窮してしまいます。すると猫が、どこからともなく二両のお金をくわえてき、魚屋を助けます。ある日、猫は姿を消し戻ってきません。ある商家で、二両くわえて逃げようとしたところを見つかり、奉公人に殴り殺されたのです。それを知った魚屋は、商家の主人に事情を話したところ、主人も猫の恩に感銘を受け、魚屋とともにその遺体を回向院に葬りました。このようなことにより「回向院」の猫塚が築かれたそうです。
Skrevet 20. april 2023
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

oimi
Matsudo, Japan38 bidrag
5,0 av 5 bobler
des. 2022 • Venner
人が少なく猫たちノンビリ。3匹の所属猫さんがいて人懐っこい。ラッコさん。ちぃちゃん。梅吉くんがいます。鼠小僧次郎吉にお墓があります。
Skrevet 28. desember 2022
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

辛口ねこ
10 bidrag
5,0 av 5 bobler
mar. 2020
白文鳥の供養をお願いしました。
由緒あるお寺ですが動物供養の歴史も長く、
丁寧なご案内で飼い主の心も慰められました。
Skrevet 20. februar 2021
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

Glen1956
Adachi, Japan7 bidrag
5,0 av 5 bobler
nov. 2020 • Venner
My cat passed away and took her to this temple.She was cremated the next day. If you live in Tokyo,this a nice place to say good bye. This helped me to deal with my cats death. I recommend it heartily. 😿
Skrevet 10. november 2020
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

Atsuko Mc
London, UK838 bidrag
3,0 av 5 bobler
nov. 2019
両国の旧安田庭園を訪ねたついでにと言っては何ですが、お参りさせて頂きました。江戸時代の明暦の大火(振袖火事)の際の無縁仏を弔うために建立され、関東大震災の供養塔もあります。江戸末期から明治にかけては勧進相撲も取り行われていたそうです。お堂そのものは新しく、大きな阿弥陀様が安置されています。また、境内にあるねずみ小僧次郎吉のお墓を削り取って持っているとお金が貯まるそうで、墓石の前に別の石が置かれていてそちらを一所懸命に削っている男性がいました。ペット供養や水子供養の碑もありました。
Skrevet 10. april 2020
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

ilovetraveltravel
Hongkong, Kina348 bidrag
3,0 av 5 bobler
aug. 2019
這個院真的十分有趣,建築上很有時代感,又用上大量石頭及木。我在這主要是拍照,但也享受了一下一下寧靜。
Skrevet 25. februar 2020
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

Talant2007
Moskva, Russland23 599 bidrag
5,0 av 5 bobler
jan. 2020 • Alene
Предыстория возникновения этого храма такова: в 1657г в этом районе случился большой пожар, в котором погибло более 100т человек; этот храм Экуин и был основан в память об этом событии. Находится рядом со стадионом сумо в районе Регоку.
Skrevet 14. januar 2020
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

japanese doremi
Chuo, Japan16 152 bidrag
5,0 av 5 bobler
nov. 2019
ありとあらゆる「生命」を供養している、庶民派「回向院」だと思われます。とても興味深かったでした。
「有縁・無縁に関わらず、人・動物に関わらず、生あるすべてのものへの仏の慈悲を説くもの」が、この「回向院」の理念らしいです。
実際、「回向院」には、水子の霊を供養する「水子塚」、関東大震災で亡くなられた「関東大震災供養塔」、ペット供養する「猫、犬、小鳥、オットセイなどの動物たちの供養塔、供養塚」、江戸時代の怪盗、鼠小僧のお墓などもあります。
また、庶民信仰の象徴としての「塩地蔵」、相撲とのつながりの「力塚」などもあります。なんだか、とても世界観があり、興味深い庶民派「回向院」に思えました。お勧めです。
Skrevet 3. januar 2020
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

カレーパンマン
Ichikawa, Japan3 670 bidrag
4,0 av 5 bobler
des. 2019
両国のお寺、回向院。
見どころの多いお寺です。
力塚や鼠小僧次郎吉のお墓などもあります。
隣には花火の資料館もありますので併せて見るとよいです。
Skrevet 24. desember 2019
Denne anmeldelsen er den subjektive meningen til et Tripadvisor-medlem og kommer ikke fra Tripadvisor LLC. Tripadvisor sjekker anmeldelser.

Viser resultatene på side 1-10 av 142
Inntekter påvirker opplevelsene som er omtalt på denne siden. Finn ut mer.
Er dette Tripadvisor-oppføringen din?
Eier eller administrerer du dette stedet? Gjør krav på oppføringen din gratis for å svare på anmeldelser, oppdatere profilen din og mye mer.
Gjør krav på oppføringen din

Ekoin Temple (Sumida, Japan) - Anmeldelser - Tripadvisor

Alle hotell i SumidaHotelltilbud i SumidaRestplass i Sumida
Alle ting å gjøre i Sumida
Dagsturer i Sumida
RestauranterFlyReisehistorierCruiseLeiebiler